キャッシングの審査とは

審査に通過しやすくする方法 キャッシングは、利用したいキャッシング会社に利用申込をし、
審査を受け合格した方が利用できるサービスです。


便利なサービスでありますが、
審査を無事通過できなければ利用することはできません。

現在は昔と違い、キャッシングのサービスを利用するための審査も簡単になり、
利用する方も増えています。

利用しやすくなった理由としては、まず審査が簡単になったこと、
そして以前ならば申込の際は必ず店頭窓口でやらねばならなかったのですが

それも自動契約機やインターネットなどで申込が可能になったため、
手軽に利用できるようになったということが挙げられています。

しかし、いくら簡単になったといっても審査自体はそこまで簡単なものではありません。

注意事項などをきちんと確認しながらスムーズな手続きを心掛ける必要があるのです。


審査に通りやすくするコツ

キャッシングの審査を通りやすくするためには、審査に必要なものをきちんと理解し、
キャッシングのサービスを提供する会社に提示する必要があります。
大きく三つのポイントを押さえれば、審査もスムーズにできるでしょう。

(1)申込内容を
きちんと書く事
キャッシングの申込に必要なのは『現住所』『電話番号』『勤務先の情報』など、個人が特定できるものとなっています。
現住所や電話番号に関しては例え間違いがあったとしても修正などが聞く項目となっていますが
勤務先の住所・電話番号などは、在籍確認のために利用するものとなっているため誤った記載をすると
『虚偽の申告をしているのではないか?』と疑われてしまい、審査が通りにくくなります。
(2)嘘の申告はしない キャッシングを提供する会社は、利用したいと申請している方に本当にサービスの提供をしていいのかどうかを審査しています。
限度額など特に金額が関係している所はとてもデリケートなところとなっているため、きちんとした申告が必要です。
(3)借入限度額を
少なめに申請する
初めての借入時にいきなり最大限度額ギリギリで申請する人はほぼいないといっても過言ではありません。
またその限度額ギリギリで申請してもキャッシングの会社は逆に不審がり、
借入をさせないケースもあります。

計画的に利用するのか、きちんと返済してくれるのかなど、サービスを提供する側はきちんと見ています。

必要な金額にあわせての申請をしましょう。

申込内容はきちんと書こう!丁寧に!正確に!
嘘は絶対にご法度!そんなに甘いもんじゃない!
限度額は少な目が鉄則!

ココがポイント!

審査に絶対通る、ブラックでも通過そんなものは全てうそ!
だからこそ、ズルをしない、控えめにが審査通過のコツとなります。
また、申込履歴は共通の信用情報期間に残りますので、
ギリギリの戦いや、試しに審査みたいな考えは捨てるべきです!
あまり心配しなくても、キャッシングをしてしまう人は、
完璧な信用情報の人なんているわけがありません!
自信をもって、正直に書きましょう!

FPが答える基礎知識一覧!

申込編

審査編

返済編

今月の特集

新着

人気コンテンツ一覧

申込編

審査編

返済編


ページの先頭に戻る